創業300年。市場に生きる。
近江町の歴史と共に。

近江町市場
紙谷家家紋(提灯箱)と明治25年、新年の引札(ちらし)

金沢の台所として親しまれている近江町市場。
その歴史は古く、享保6年(1721年)に各地の市場が近江町に集められたのが市場の開設とされています。
明治37年(1904年)、公共市場として認可され、「官許金澤青草辻近江町市場」の標柱が今残っています。
現在では、鮮魚、青果、精肉などの約180の店が軒を連ね、早朝から午前中は飲食関係のプロたち、昼から夕方は観光客や一般の市民の人
たちで賑わいます。

近江町市場

ヤマカ水産の前身は、市場開設を数年さかのぼる享保2年(1717)に紙屋安兵衛が開業した「紙安」です。
以来300年余り、この地で水産物の卸・小売の商いをしています。

近江町市場
近江町市場

市場の基本は対面販売です。
創業の地・近江町市場で、私たちはお客様との対話を大切に営業を続けてまいりました。
お客様とのコミュニケーションを第一に考える社風は、この近江町で培われたものであると考えています。

旬のおすすめ
  • Exif_JPEG_PICTURE

    能登いしる干し
    日本海で獲れた魚を、能登のいしる(魚醤油)を使って漬込み、一夜干しに仕上げました。...
    5000円
  • 昆布〆a

    近江町物語 昆布〆詰合せ
    雅の町、金沢の味覚といえば、加賀料理に代表される料亭の味「昆布〆」です。刺身を昆布から取り出し、器に盛り付けてください。お好みに合わせて、わさび醤油か生姜醤油でお召し上がり下さい。...
    5400円
  • 甘えび素干し

    甘えび素干し
    そのままお召し上がり頂けます。細かく砕いてすり身に混ぜ、エビ団子にしても美味。甘えび素干し50g×5袋...
    4000円
店舗案内
手押し棒鮨 舟楽

Page Top